仕事

資格取得が意味ない理由4つ!収入アップとは無関係だった話

shikaku-none

  • 今の会社よりも働きやすい環境に変えたい
  • できるなら残業時間の少ない仕事にしたい
  • 資格を取ったら今より稼げるようになるかも……

資格取得は本当に役立つのか。時間やお金の無駄になってしまうのではないか?と気になりますよね。

私は現在、起業家としてブログビジネスや情報発信の仕事を続けていますが、過去に取った資格は今の仕事では全く使っていません……!(資格の種類は、デザインや美術関係です。)

もしもあなたが

  • 資格取得って無駄かも。本当に役立つの?
  • 資格を取ったら稼げるの?

こんな疑問があるのなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

自分で稼ぐスキルを手に入れた女性起業家の私が、『資格取得したからといって稼げるとは限らない理由を4つ』ご紹介しています。

この記事を読めば、”無目的な資格取得に、時間やお金を費やす意味のなさ”に気づくかと思います。

また、資格取得以外で『自分で稼げるようになる方法』も解説しています。あなたの人生を有意義に過ごすために読み進めていただければ幸いです!

資格を取ったからといって稼げるとは限らない理由4つ

巷では未だに『資格を取れば就職に有利になる』『稼げる資格がある』など言われています。他サイトの記事でも『資格を取るメリット』ばかり紹介されており、デメリットを知りたい人からすると物足りませんよね。

ここでは、他では語られない【資格を取ること・取った後の問題点】を解説していきます。

会社勤めの経験もあり、今では個人ビジネスで稼げるようになった私の見解ですので参考になればと思います^^

  1. 資格を取得しても実務経験がないと転職に不利
  2. 転職後も会社の倒産やリストラなどのリスクがある
  3. 資格取得や勉強が目的化しがちで転職が進まない
  4. 残業の多い仕事だと結局仕事を辞めざるを得ない

①資格を取得しても実務経験がないと転職に不利

資格というのはそもそも、「特定の専門分野に特化した知識や技能を身につけたことを証明するもの」です。

例えば英語検定やネイリスト資格、看護士、薬剤師、インテリアコーディネーター、司法書士、不動産鑑定士、税理士、弁護士など。

ですが、会社から求められているのは【実務経験のある人材、即戦力となる人材】です。

特に30歳以降の中途採用や転職で重視されるのは『これまであなたがどんなキャリアを積んできたのか?』ということ。

資格を取れば転職に有利になるのは、あくまでも学生が新卒採用される場合です。なぜなら若い人材だと実務経験がなくても『将来性』を考慮して企業が採用することがあるからです。

image-shikaku-career

また見落としがちなポイントとして、
【資格がないとできない仕事なのか。資格がなくてもできる仕事なのか】があります。

例えば、調薬には薬剤師の資格が必要ですし、タクシードライバーなら運転免許証が必要。

ですが簿記の資格がなくても経理の仕事はできますし、英検やTOEICに受からなくても、通訳の仕事に就くことができます。

image-shikaku-02

ですので、安易な選択で資格取得の勉強にお金や時間を費やすのは意味がないと言えます。

それよりもまずは、アルバイトや見習いとして業界の実務経験を積むほうが正規採用には有利なのです。

今の時代なら、クラウドソーシングサイトを活用して仕事を引き受け、実績や経験を積むのも効果的だと思いますよ。

②転職後も会社の倒産やリストラなどのリスクがある

あえてストレートな表現をすると、“資格を取って転職しても経済的な安定を目指すのは厳しい”です。

なぜなら今の時代は『副業解禁』『AIの台頭』が背景にあるからです。

ニュースであなたも見聞きして既にご存知かもしれませんが、2018年から副業解禁した企業が増えましたね。

これには『会社は社員の生活を保障できないから、自分で稼いでね!』という意図があります。

また、AIの活躍で単純な作業はどんどん機械化されていっていますし、将来的にも今までの人間の職業は無くなるでしょう。

専門的な資格を取って就職したとしても、単純作業のような思考が要らない仕事ならその先に見えているのはリストラの未来です。

  • 会社は収入も生活も保障してくれない
  • AIの活躍で人間の雇用も減る

こんな状況ですから、『大企業やホワイトな企業に勤めれば一生安泰な時代』はとうに終わりました。私の兄も地元で有名な会社に勤めていますが、この先どうなるのかは分からないです……。

ですので、『転職した後も会社の倒産やリストラのリスクは残る』のです。

資格取得したからといって、自分の生活が安定するわけではないってことですね。

③資格取得や勉強が目的化しがちで転職が進まない

『資格難民』という言葉があるように、資格を取っても就職できない人が増えています。

というのも、【企業から何が求められているのか?どんな人材が求められているのか?】を理解しないまま転職活動に挑んでしまうからです。

資格を取得すれば転職に有利になるはず。

そんなぼんやりした根拠で資格を取ってしまった結果、転職先の仕事内容と合わない求人ばかりで採用まで至らない……という状況が多発しているのです。

「資格難民」の20~30代女性500名を対象に行われた「資格」と「キャリア」に関する意識・実態調査によるとこんなデータもあります。

  1. 条件にあう募集が少ない:41%
  2. 経験者が優遇され、未経験の場合は不利になる:36%
  3. 募集人員が少ない:21%
  4. 人気の仕事であり、競争率が高い:21%

引用元:トレンド総研
資格を取得しても仕事がない!? 急増する「資格難民」の実態を調査

資格を活かせる募集が少ないこと、経験者が優遇されることが転職が成功しない原因となっています。

それに今の仕事を続けながら資格を取るとなると、資格受験合格のために膨大な勉強時間が必要になってきます。中には専門学校へ通う人もいることでしょう。

ですがこれまでお伝えしてきたように、資格取得した後に100%就職できる保証はどこにもないのです。

あなたの目的は何でしょうか?

資格を取得することでしょうか。違いますよね。

もちろん、仕事をしてお金を稼ぐことや今よりも生活を楽しむことだと思います。

資格取得すれば就職に有利になる。そんな言葉を安易に鵜呑みにせず、

  • 自分の目的は何なのか?
  • どんな生活がしたいのか?
  • その為に必要なことは何か?

という未来像から逆算して、今すべきことを選んでいくようにしましょう!

④残業の多い仕事だと結局仕事を辞めざるを得ない

中途採用や転職に成功しても、仕事の残業が多いと精神的・身体的に辛くて仕事を辞めざるを得ません。

私の知り合いは看護師だったのですが、会うたびに『早くやめたい……』と疲れた顔をしていました。夜勤が多かったり不規則な勤務でストレスが溜まっていた様子。

彼女は既に看護師の仕事をやめており、勤務時代よりも性格が丸くなったような気がします(笑)

ですので、取得した資格を活かして就職するにしても、あなたの働きやすい環境かどうかも考える必要があるのです。

まとめ|資格取得と経済的な安定は関係ない

ここまで資格取得のデメリットについてお伝えしてきました。

  1. 資格を取得しても実務経験がないと転職に不利
  2. 転職後も会社の倒産やリストラなどのリスクがある
  3. 資格取得や勉強が目的化しがちで転職が進まない
  4. 残業の多い仕事だと結局仕事を辞めざるを得ない

重要なポイントをおさらいすると、『資格取得や転職をしたからといって、あなたの思うように仕事ができる訳ではない。稼ぎ続けられる保証はない』ということです。

もちろん、全ての資格取得が無駄なわけではありません。中には実生活で役立つ知識もありますので。

でも、自分の目的と照らし合わせて改めて考えると、『資格を取る必要性がない』と気づいた方も多いかと思います。

ですので私は、自分でビジネスを始めたほうが得られる恩恵は大きいと実感しています。

なぜなら、

  • 時間のゆとり
  • 複数の収入源
  • 安定した収入
  • 自分に合った働き方

これらの自由が手に入るからです。

記事の冒頭でも少しお話ししたように、私は副業からブログビジネスを始めてスキルも収入もステップアップしてきました。PCやスマホがあれば自宅でゆっくり仕事ができるし、ありがたいなと感じています。

今の仕事の先輩や仲間は素敵な人が多くて、自分も頑張ろう!って素直に励みになっています。

だけど、会社員時代は『自分の性質』や『理想の働き方』と全く合わない仕事だったんですよね……。しかも当時の私は職歴が浅かったので、転職するにしても条件の良い仕事には就きにくいだろうなーと後ろ向きな気持ちでした。

そんな私でも、【ブログビジネス】と出会ってからは仕事も人生もうんと楽しくなったと感じています!

  • ブログビジネスって何するの?
  • どんなメリットがあるの?

という内容を分かりやすく記事にまとめたので、別記事を参考にしていただければと思います。

あなたが今よりももっと自分らしく働き、楽しく生きられる方法をお伝えしていますよ。