ナノのプロフィール

『欲しいモノは自分で創る!』をモットーに、ブログ運営の仕事をしたり、自宅やカフェで情報発信のお仕事をしています。

ナノ
改めまして、ナノです。

この度は私のサイトに足を運んでくださってありがとうございます。軽くですが、簡単に自己紹介をさせていただきますね^^

▼主な仕事内容:

メディア運営 / Web集客 / Youtubeでのセミナー配信 / 個人向けブログ収益化コンサル

▼実績:

  • 一つのブログで月30~50万円の収益化
  • メディア運営で最高月間260万PVを記録
  • 月間3万PV程度でも月20~30万円の収益化
  • 地元の企業でブログ集客セミナー開催
  • メルマガ読者130人の時点で独自サービスの販売。月収120万円の収益化

▼出身地:北陸(自然が豊かで、水も魚も美味しい土地)

▼好きなコト:創作活動[イラスト制作、ゲーム制作、作曲、文筆活動、ハンドメイド]

仕事以外の時間は何かを創っていることが多いです。インスピレーションが湧いたら作品にして表現しないと気が済まないので、時にはイラストを描いたり音楽を作ったりすることもありますよ。

↓個人をブランド化する情報発信のイメージイラスト(2018年に制作)

2018-info-illust

今の仕事スタイルが気に入っているので、ゲームをクリアするみたいな感覚でつい没頭してしまいます。気が付いたら食事するのも忘れていた……なんてことがしょっちゅうある。笑

仕事で関わる人達も尊敬できる好きな人ばかり。面白い発想をする方が多いので毎日が刺激的です^^

……と、こんな感じで好きな働き方を自分でカスタマイズしたり、趣味を日々楽しんでいる真っ最中です。会社勤めをしなくてもお金に困ることはほぼありません。

10代~20代の若い世代の人達は特に『学校を出たら、どこかの会社に就職して生きていくものだ』と思ってしまっています。まるで最初から他の選択肢が無いかのように。

ですが本当はそうではありません。

私のように『自分で働き方・生き方をカスタマイズする』ことだってできるのです。

20代前半の私でも今のようなのびのびとした生き方をできているのは、ちょっとした出来事があったからでした。

「通勤中に事故死したら良いな」

秋晴れの空の下。

高校を卒業してすぐに地元の企業に勤めた私は、早朝から車を走らせていました。

眠たい頭でぼんやりと思ったのは、

「通勤中に、このまま運良く事故死したら良いのになぁ」

ということ。

なぜなら、毎日毎日自分の苦手な仕事をしに会社へ行っていたから。会社で役に立てない私は心がボロボロになり、次第に自分の存在意義が分からなくなっていました。

当時の私は19歳。

新入社員として会社の環境や仕事内容に慣れようと必死でしたが、自分の得意な分野とはかけ離れていたのです。

高校時代は”デザイン絵画科”という芸術系の学科に通っていた為、クラスメイトとも自然に馴染めましたし、授業もクリエイティブで楽しいものが多かった。自分の好きな人達と好きなことに囲まれて、毎日が色鮮やかに感じられていました。

だけど学校を卒業する前には、『自分が就職するか。それとも進学するか』の選択が迫られます。

「これ以上学びたいことは無いし、大学や専門学校へ行く必要性を感じられない。だったら今のうちに早くから就職して働いたほうが稼げる。好きなことに時間やお金を使って、趣味を楽しめればそれで充分」

そして私は、迷わず就職することを選んだのです。

デザイン絵画科という特殊な学科なので元々就職先の候補も少なく、実際に入社できたのは地元で有名なメッキ工場。そこで、細かい部品の検査員をすることになります。もちろん、デザイン絵画科で培った知識や経験など活かす余地もありません。

その結果……待っていたのは、泣きたくなるような日々でした。

上司や先輩から教わったこともロクにできず、挙句の果てには部署の変更。

同じ部屋からは、ヒソヒソと女子社員さんの笑い声と陰口。

――私はこの会社のお荷物だ。

根気よく指導してくださる先輩や上司もいましたが、それでも仕事を上手くこなせない自分が不甲斐なくて。

会社の帰り道に、車の中で堪らず号泣しました。

今の会社にいたら居場所が無いし、何より仕事が合わなさすぎる。時間の自由だって無い。休日は疲れを癒やす為に延々と眠り続けるだけだから。

「このままだと鬱になるか、事故で。……いつかは死んでしまうんじゃないか?」

再就職するといっても、社会人経験の浅い自分には無理かもしれない。学歴だって高卒止まり。それに、就職先の会社が今よりもっと合わなかったらどうしよう。

途方に暮れた私は、家にいる間中はベッドの上でグッタリしていたのでした。

……今思えば、”学生時代の私”の考えが浅かったと分かります。

それでも当時の自分にとっては、地元の企業に就職することが最善の選択だと思い込んでいたんですよね。

一番無難な環境で自分が暮らす為のお金を稼ぎながら、仕事以外の僅かな時間を趣味に費やせればそれで幸せだと思っていたから。それに人生経験も少ない私は、世間や学校から提示された選択肢しか見えていませんでした。

だから、働き方や仕事内容にまで気を配る発想がなかったのです。

最初の一歩が怖い

この状況をなんとかしなければ。

そう思って”会社を辞めたい”とスマホの検索窓に打ち込んで調べていると、とあるサイトの文章に目が留まります。

『ネット上に資産を作って仕組み化すれば自由に生きられる』

そのサイトの発信者さんが言うには、

”人の悩みや疑問を解消する為のブログ記事を書いて、そこに広告を貼ると収益が得られる。一度書いた記事はネット上のコンテンツになるから、人を集めて収益を得る仕組みを作れる。

ネット上に【人の為になるコンテンツ】を増やしていけば、お金も時間の自由も増えていく。

……ということでした。

実はこういった話は今までに何度も目にしていたのですが、私は勇気が出ずに未だに踏み出せていなかったのです。

なぜなら初めて挑戦することばかりで、自分が本当に上手くいくか不安だったから。

会社の仕事で散々失敗した自分がブログ運営さえも上手くいかなかったら、次はどうしたら良いんだろう? 私は自分の力でちゃんと生きていけるの??

そんな得体の知れない不安ばかりが膨らんでいて、最初の一歩が重く感じていました。

だけど私は改めて思ったんです。

「このまま何も努力せずに、役立たずな会社員として、人として一生を終えて良いの? やり残したことだって山程あるのに……!」

グッと唇を噛んでPCと向き合い、ネットを使ってブログ運営に挑戦する日々が始まりました。

それによくよく考えてみると、新しいことに挑戦したほうが人生の可能性が開けると気が付きました。

本当に自分の力で稼ぐことができたら、会社員をずっと続けなくても良い。もっと別の生き方を選べるようになる。そんな明るいイメージが湧いてきたのです。知識やスキルがあれば、どこでだって生きていける。

だったら何もやらずに後悔し尽くして人生を終えるより、思い切って飛び込んだほうが断然良い!

会社から帰宅した後の時間は、すべてブログ運営に注ぎ込んで試行錯誤を繰り返していきました。

仕事は自分用にカスタマイズすれば良い

そして遂に。

初めて自分の力で9円を稼げた時、スマホの管理画面を見ながら「私にも、できることがあるんだ!」と心が軽くなった気分でした。仕事を通して誰かを喜ばせることができるんだ、と。小さな額でしたが、当時の私にとってはかけがえのない収益と体験でした。

私がしたことは、ネット上の”ブログ記事”を通して人の悩みや疑問を解消する仕事。

会社では仕事がなかなかこなせないのに、お給料を受け取っていることへの申し訳なさも少しありました。私が会社の役に立てる人材になるまでの投資だと思うのですが、いつかは辞めるつもりで働いていたので心苦しかった。

だけど。

『自分のしたことが誰かの笑顔になる』

ブログ運営の仕事を始めてからは、”仕事を創り上げていく楽しさ”や、”感謝されることの充実感”を覚えていったんです。会社にいる時よりも心が晴れ晴れとしていました。

そして私はあることを思い出しました。

学生時代は欲しい物が売っていなかったら、自分で作っていたことを。

――それなら。自分に合った既存の仕事が無くても、新しく創ってしまえば良い。自分用にカスタマイズすれば良いんだ。

当時の会社の仕事や働き方は、私には合っていなかった。

けれどネットを使って人の為になる発信をしていくのは、20歳前後の私でもできることでした。

最低限、文章の読み書きができる事とネット環境があれば良いからです。幸いにも私は文章を書くことも好きでした。

それにネットを使える環境さえあれば、自分の好きな場所で働けます。私の場合は、自宅やカフェがお気に入り。通勤時間も往復で約2時間ほどあったので、場所や時間の自由が増えたのは嬉しいことです。

『学校を卒業したらどこかの企業に就職するか、進学するか』の二択しかありませんでしたが、本当は他の選択肢もあったんだなぁと、世界が広く感じました。

ブログ運営を通して”人から感謝される記事”を増やしていった結果、一つのブログで月収38万円も稼げるように。

自分らしい仕事スタイルで生きられる知識やスキルが身についた私は、思い切って会社も辞めたのでした。

もしも勇気を出さずにあのまま同じ場所でうずくまっていたら……。

誰の役にも立てず、自分のことを好きになれずに歯がゆい日々を暮らしていたと思います。

そして自分に合ったワークスタイルを見つけた私は、ブログ運営で培ったスキルを活かして仕事をどんどん展開させていきました。

自分だって、できることがある……!

ブログ運営を足掛かりに会社員時代の無力感を乗り越えた私は、『もっともっと高みへ行きたい。より大きな実績を残したい!』とビジネスに没頭していったのです。

とうとう、20歳の頃には最高月収で120万円も稼げるようになっていましたが、現実とは裏腹に自分の状況がものすごく心地悪いと感じていました。

目に見えるモノを優先しすぎた弊害

というのも、会社員時代のように”お金を増やすこと”を優先し自分の本心を無視したまま働いていたから。

お金は手に入ったけれど、心の充足感が全くありませんでした。

毎日毎日、「私はなんで今の仕事をしてるんだっけ?」と自問自答せずにはいられないほどで。

周りの期待に応えなきゃ!と無理に仕事をしていた所為もあり、会社員時代のようにグッタリと食欲が失せて、趣味を愉しむ余裕さえも全然無かったです。

当時、日記にぐちゃぐちゃと書き殴ったのは「力不足で悔しい」というやるせなさ。

ですが、私は猛省しました。

――こんな窮屈な状況になったのは、私が実績を追い求めすぎたからなのだと。

自分の力で仕事をして生きていくなら、目に見える数字や実績がもっと欲しい。若いうちから、大きな金額を稼げる実力があると周知できれば今後の人生で有利になる筈。と考えていたのです。

他人を納得させるだけの材料が欲しい。それも、なるべく早く……!!

こういった焦りが空虚な状況を招いてしまったんです。

がむしゃらに仕事をしていましたが、ただ単にお金を手に入れるだけでは心の充足感は生まれないのだと私は知ったのです。

そんな時、ツイッターやYouTubeでとある人達を見かけます。

ビジネスも普段の生活も全力で楽しんでいて。思わず私は「なんだか凄くかっこいい……」と目を奪われずはいられませんでした。

仕事で成功したけれど、心に余裕がない人だって世の中にはいます。まさに少し前の私がそうでした。

だけどツイッターやYouTubeを通して出会った人達は、自分やお客さんが輝ける仕事をしつつ、仕事以外の時間も好きなことを楽しんでいて。

あぁ、私が行きたかった方向はそっちなんだなーと。自分の生きる指針をやっと掴めた感覚でした。

だからこそ、『お金や目に見える数字ばかり追い求めるより、もっとのびのびと、自分自身が愉しめるように生きていこう』と強く思うようになりました。

そうする内に、関わる人達も自分の人生を思いっ切り楽しんでる人がどんどん増えていきました。めっちゃ仕事が好きなんだなーって感じで、私も良い刺激を受けています!^^

あと、仕事スタイルは変えたものの継続的な収入もありますし、稼ぎ力もついたので経済的な不安はあまりないですね。

働き方も生き方も、”自分”を活かして創り上げよう

自分に合った働き方や生き方ではなかった時期。

私は一日を終えることに精一杯で、お金や時間、心の余裕さえもありませんでした。

とはいえ、自分の力で稼ぐ知識やスキルが付いた後でさえ一時的にしんどくなった時期もあります。

私が実績を追い求めるあまり焦りすぎて目に見える数字を優先し、本心を誤魔化してしまったからです。

けれど早めに気づくことができて心底良かったと思ってます。

働き方や人間関係も、自分に合ったモノを一人ひとりが新しく創り上げていけば良い。

そして自分が心から貢献したいと思える仲間に対して、知識やスキルを惜しみなく活かしていけばお互いにとって心地よい関係性を構築していけます。

好きな人達に貢献しながら、収入だって楽しく増やしていけます。

私は、運良く20歳の時に新しい道を歩み始めました。

『働き方、生き方を自分用にカスタマイズできる』ということを広めるべく、今後もブログや動画を通して発信し続けていきます。若い世代にとって生き方の選択肢が増えるように。

好きな場所で好きな人達と関わりながら仕事に没頭したり、思いっきり趣味を愉しむのもOKです!

これからあなたも一緒に、自分だけの人生を新しく創り上げていきましょう^^

 

私の無料メール講座では、「自分らしく楽しく生きる為の秘訣」や具体的なステップをお伝えしています。

さらに、今すぐにメール登録してくださった方限定で

  • ブログ運営を通して自分らしく働ける方法
  • 高卒20代女子でも月収38万を突破したストーリー

をまとめた無料コンテンツも配布中です。

ちなみに無料で公開しているのは、

  • 生き生きとした楽しそうな大人がもっと増えればいいなーと思っているから
  • 無料教材をキッカケに読者さんの意見や感想が聴けたら、私の今後のコンテンツ改善に繋がるから

です。期間限定での公開ですので、少しでも何か感じるものがあれば「ナノのメール講座」に無料で登録してみてくださいね。

無料プレゼントを受取れる登録フォームはコチラ↓





この内容をシェアする♪
20歳で会社を辞めて起業した女子の人生ノート