ナノのプロフィール

この度は私のサイトに足を運んでくださってありがとうございます(^^)

ナノ
サイト運営者のナノです。

私は【ワクワクを形にしよう!】をモットーに、新しい働き方を発信しています。

朝、起きたい時間に目を覚まし、穏やかな気持ちで1日をスタート。

大好きな仕事に没頭できる環境。一人で集中できる自宅や、ホッと安らぐカフェを仕事場に。

他人が勝手に決めたルールに従うわけではなく、自分の意志で今日の仕事内容や進め方を自由に決められる。

『これをやったら面白そう!』
『さっそく試してみよう』

そんな自分が心地よいと思える仕事スタイルで続けられる。

お客さんや起業家仲間は、情熱いっぱいで向上心がある人ばかり。毎日のように話をして、お互いに仕事の改善案を出し合ったり。

収入をもう少し増やしたいと思えば、自由に決められる。

会社員の給料分はもちろん、稼ぎ方次第で一気に月収100万円以上だって目指せる。

仕事を休みにした時には、平日の空いた時間帯にウィンドウショッピングへ。お気に入りの一着と出会うためにじっくりお店を見て回る。

時には、趣味のイラスト制作に没頭する日も。

――働き方も、人間関係も、収入も、休日の過ごし方も自分で選んで叶えられる。

こんな風に、『もっとこうしたいな』と自分の頭で想像したことを実現できた瞬間って、たまらなく気持ちいいですよね。

狙い通りにできた!自分でも現実を変えられるんだ……!
これができたから、じゃあ次はもっと別のことに挑戦してみよう。

こんな風にやりたいことが心の内側からどんどん湧いてきて、明日が来るのが待ち遠しい。

ベッドで眠りにつく前も、楽しい気持ちの余韻が残っていて。

ワクワクした気持ちに素直になれる仕事スタイルって、すごく幸せだなーと感じています。

誰かに決めてもらうのではなく、“自分で決める”。

好きな人達と働きながら、今日一日何をするのか。過ごし方を自分で選択できる自由があると、一日が終わった時にぐっすり眠れます。

だけど私が今のようにのびのびと働けるのは、とある出来事があったからです。

ではでは、私の会社員時代のキッカケをお話ししますね。

ナノが単調な人生から抜け出すまでの話

 会社の仕事を始めて感じる違和感

私は、高校を卒業してすぐに地元の会社に就職。

大学へは行きたいとも思わなかったし、勉強したいことが無かった私は就職を決めたんです。

働けばお金が稼げるし、無意味に大学へ通うよりも充実した日々が待っていると信じて。

工場の検査員を選んだのは、「就職できそうだったから」という単純な理由。

本当は、芸術やデザイン関係の仕事が面白そうだと思っていたけれど。高校生の私は就職先の幅が狭く、「内定が取れそうな会社」を消去法で選びました。

でも、現状は思うようにいかず……。

自分で仕事のやり方を選べない。新しいことにもチャレンジできない。会社の決めたルールから外れては絶対にいけない。

そうして他人から言われた通りのことだけしていると、『私はもっとこうしたい!』という想いがどんどん膨らんでいったのでした。

 自分で決めるからこそ、仕事は楽しい

働いてみてやっと実感できたのですが、私は【自分で決められない状況】がやり切れないと感じていたんです。

働く時間や場所。

職場の人間関係。

今日一日、何に打ち込むか。

どれだけ働いて、いくら収入を得たいのか。

当時の会社を選んだ結果、私は自分の選択肢がものすごく狭まっていたのだなと気づきました。

自分の人生なのに、他人が決めたルールに従って、本音を無かったことにしてしまうのは窮屈で仕方がありません。

私のいた会社の働き方は個人の考えとか価値観なんて必要なく、言われた作業を忠実にこなすだけ。

だから私は顕微鏡で部品の検査をするたび、どんどん心が機械のようになっていく気がしたんです。

しまいには『私って、本当にこの仕事に必要なのかな?』と自分の存在意義を見失ってしまったのでした。

それに何より。

他人の言う通りにしてれば楽だけど、楽しくはない……!(笑)

私は人生って、自分の手で創っていくものだと思っています。

だからこそ仕事だって同じように、自分の頭で『こうしたい!』とイメージを膨らませて、想いを現実化していく過程が不可欠なんじゃないかなって。

決断を他人に任せて日々仕事を繰り返すのは、こういった【想像する楽しみ】【自分の手で形にする楽しみ】が全くないんですよね。

 仕事中、泣きそうになった瞬間

いつものように私は仕事へ向かう。

工場に足を踏み入れ、淡々と持ち場に着く。

当時、新入社員の私に任されたのは”部品の検査”。流れ作業で、言われた通りのタスクをこなす。

面白味も何も感じられない。そんな毎日。

そしてこの日も検査のために、顕微鏡を覗く。――だけどその瞬間、ふと湧き上がってくる想いがありました。

『もう限界』

仕事中なのに、私はなんだか泣いてしまいそうでした。誰も見てないのを確認し、こめかみを抑えて涙を押し込める。

本当はもっと自分の頭で考えたり、想像したことを形にする仕事に挑戦したい。

この手で直接、ワクワクするイメージを叶えていきたい……!

私は、現実を自分で創っていける実感がほしい。

だけど実際は、他人から与えられた仕事を無心でこなす日々。

仕事をしていても、新しいことに挑戦できない状況。新入社員の自分には、会社での決定権はありません。

人が決めたことには、自分の意思や価値観は全く反映されず、『まるで借り物の人生を生きているような感覚』でした。

けれど、その働き方を選んだのは紛れもない自分自身。

そんな現状と、どこにも動き出せないでいることにやるせなくなっていたのでした。

 窮屈で退屈な働き方にお別れを

どうにかして、楽しく働き続けられるような努力はしました。作業に慣れようとしたり、職場の人に仕事のコツを聴いたり。

ちょっとした変化を取り入れてみたのです。

『もしかしたらいつか、私も会社の仕事を楽しいと思える日が来るかもしれない』

『今の働き方に希望が見出せるかもしれない』

そう自分を納得させようとしました。

だけど私は、何度やっても会社員という働き方に光を見出せなかったんです。

工場という性質上、製品の製造や管理では『規定通りに仕上げること』が優先されます。

【自分の頭で考えたことを自由に試せない】。

そんな働き方が窮屈で、何より退屈で堪らなかった。

そして現状に甘んじている自分が、もどかしかった。

かといって、高卒だった私はすぐに会社を辞めて転職する勇気はありませんでした。

職歴の浅い人間をすぐに雇ってくれる会社は少ないだろうな。そんなに都合よく転職先が見つかるわけない。と半ば諦めモードになっていたから。

 ブログとの出会い

そんな時期に。

スマホで『会社を辞めたい』と検索したことで、私の人生は一変したのです。

とあるサイトを運営していた起業家さんを見つけ、さっそくメルマガに登録。

毎日届くメルマガを読み進めていくとワクワクした気持ちが湧き上がってきました。

『ブログだったら今から副業でできるし、それになんだか面白そう!』

転職より遥かに、ブログを始めるハードルは低いのです。

なにせビジネスをする為の初期費用が超低コストだし、PCがあれば時間をやりくりして取り組めるから。

しかも、私がブログを「良いな」と思った理由はまだまだあります。

  • ブログなら、好きな時間帯に働ける
  • 通勤はナシ!自宅でゆっくり仕事をスタートできる
  • 自分のやりたいように仕事ができる
  • 新しいことに何度だって挑戦してOK
  • 収入だって、必要なだけ手に入れられる
  • 私が実践すれば、着実に夢を手繰り寄せられる
  • 人間関係も、好きな人達との関わりを選べる

自分で思考したことを少しずつ気軽に試せるようになって、私はこう思ったんです。

『あぁ。こんなに自由に想像したり、心から望んでもいいんだな』と。

――ブログに取り組んでいると、【自分の手で現実を変えられる】。

そんな実感があったのです。

そして副業でブログに挑戦した私は手応えを感じ、会社を退職。

ブログに没頭した結果、わずか3ヶ月で月収38万円を達成できました。

 働き方は自分で選んでいい

そうしてブログや情報発信の仕事に没頭するようになって、私は気づいたことがあります。

【自分が楽しいと思える働き方を、自由に選んでいい】のだと。

私は高校生の頃まで、会社やアルバイトという働き方しか知りませんでした。

しかも当時の職場の人たちは仕事や生活の愚痴が多く、全然楽しそうに見えなかった。

だから私自身も周りの大人を見て、『仕事ってそんなものなのかな……』『もどかしい気持ちが湧いても、仕方ないのかも』と思い込んでいたのです。

でも、そうじゃなかった。

■ちゃんと、自分が心から楽しいと感じる働き方を選んで、好奇心いっぱいに毎日を過ごしていける。

■無理矢理、会社や周囲の環境に自分の心を当てはめようとしなくていい。

■本当の気持ちを押し込めなくていいんだ。

■やりたいことを思うままに想像して、叶えにいっていい。

このことを心底体感してからは、私はブログや情報発信の仕事を明るい気持ちで続けられるようになったんです。

私の仕事仲間や先輩起業家さんとは、飲み会の時に笑顔で仕事の話をできて、めっちゃお酒が進んじゃうくらいです。笑

こういった経験から、【ワクワクを形にする仕事スタイル】を見つけられたのでした。

想像して、
自分で決めて、形にする。

働き方を変えるだけで、人生で選べるものが一気に増えるのです。

だから今日一日をどう過ごすかは、自分次第。

こんなにのびのびと生きられる働き方もあるんだよ、って伝えたくて、私はブログやメルマガで情報発信を続けています^^

人生は、『こうなりたい』『やってみたい』と、自由に想像して良いのだから。

mail