仕事でやる気が出ない原因は単に「行動が具体的じゃない」から

ナノ
どうも、ナノです

やることが目の前にあるのに、目標があるのに。どうしてもやる気が出なくてダラダラしてしまう。

しまいには、漫画や関係ない読書に時間を使ってしまい、「もう1日が終わっちゃうー!!」と焦ったり。

「やる気関係なく習慣化したら良いよ」という話はよく聴きますが、その前に動く気力が全く無い。……なんて時期がたまーーにありますよね。

だけど実は、「やる気が無い」から動けないのではなく、「行動の具体性が無い」から動けないだけだったんです。

数値目標があるけど、イマイチ乗り切れなかったナノの話

私は会社を辞めて自分で仕事をするようになってからは、その時々の金額目標を決めて作業をするようにしています。

ブログを運営し始めた頃は「月収10万円」。

成果が伸びてきたら次は「月収30万円」。その次は50万、100万円……って感じで収益目標を上げていきました。

で、今はブログのみで月収100万円って数値目標があります。

なので、「これをやっていけばOK」って内容を紙に書いて視覚化したり、目標を忘れないようにスマホ画面にも壁紙設定しておいたり。

自分が行動する為の工夫は色々とやっていました。

もちろん、作業も地味ですが進めていました。

ですが、イマイチ乗り切れないなーって感覚が残っていたんです。

「やること自体は分かってるけど、腰が重いな~」「愉しめないなー」と。

このままだと収益目標が達成ができないし、その先にある「一人暮らしをする」って計画も台無しになってしまう。

ナノ
いい加減、どうにかしたい!!

そう考えていたら、メンタリストDaiGoさんの動画を見つけて「なるほどーー!!」と自分の壁が壊れた瞬間がありました。

ちなみに、DaiGoさんはニコニコ動画の生放送を1週間に5回以上のペースでやっているくらい行動的な人です!笑

目標があるけど無気力なのは「行動の具体性が足りないだけ」

それで、DaiGoさんが言うには「やる気が足りないのは、行動の具体性が足りない」ってだけだったんです。

だから【行動そのものを具体的にする】。

つまり【やることのステップを事前に明確にしておくこと】が必要。

例えば仕事を一つするにしても、「ブログ記事のネタ探しをする」っていう目標はめちゃくちゃ漠然としすぎているわけです。

なので、ステップを具体的にするならこんな感じ。

  1. 昼○時から始まるTVのニュース番組を見る
  2. 多くの人が気になるネタを○個以上見つける。スマホでメモする
  3. スマホのメモを元に、話題についてネットで検索をする
  4. 狙ったキーワードで、1ページ目のライバル記事を順番に確認する(キーワード選定、ライバルチェック)
  5. 書くネタ(キーワード)をスマホ(or紙)にメモしておく

ここまで具体的になっていれば、途中で「何をしよう?」「次どうすれば良いんだっけー?」「あ、そういえば面白い漫画があったんだっけ~」と横道に逸れたりしません。

自分のことを思い返してみても、「何を、どの順番でやるのか」が明確になっていない時ほどダラダラしちゃってたなぁと。

無意識レベルでできる行動は順序を体が覚えているので良いですが、慣れてない行動は無駄に迷いすぎてましたね。「次どうしよう」って。

なので、あなたも【目標があるけど動けない】って時ほど「行動の過程を明確に」しておいてくださいね。

でないと、

ネコ
時間だけが無駄に過ぎて何も進まなかったー!

って事態になりかねませんので。

やる順番が先に分かっていれば、悩む時間もグッと減ってサクサク作業が進むようになりますよ^^

作業が進むようになれば目標達成もその分近づきますし、達成感も味わえます!

ナノ
ではでは、最後まで読んでくださってありがとうございました♪
メール講座

=============
【メール講座の登録者限定】で、
初心者でも月収15万~20万以上の
ブログ資産を増やし続ける
「動画付きレッスン」をプレゼント中です♪

在宅やカフェなど、
好きな場所で自由に仕事が
できるようになります。
あなたも興味があれば
まずは気軽に覗いていってくださいね。

→20歳で会社を辞めて、好きなことで稼いでるナノの無料メール講座を見てみる
ナノうさメール




この記事が少しでも参考になったら、シェアしていただければ嬉しいです♪

ナノをフォローする

トップへ戻る