学校の成績が悪いからと言って社会でダメ人間とは限らない

ナノ
こんにちは、ナノです

記事を見てくださってありがとうございます。

 

あなたは、学校の成績が良くなくて落ち込んだことはありませんか?

例えばテストの点が取れないとか、通知表であんまり良くない評価をつけられたとか。

しまいには「こんなにテストの点が悪いって、もしかして自分バカなん??」と悩んだり。

日本の学校教育に対する異議申し立てというか、「これはおかしいやろ」と思ったことがあるので、あなたにもシェアしていきます。

なぜか私は国語の成績だけが良くない生徒だった

今はこうやってブログで文章を書いて情報を発信したり、動画で喋って何かを伝えるという仕事をしている私。

メールも配信していますが、有り難いことに読者さんから度々感想をいただくこともあります。

「ナノさんの発信で勇気が出ました!」「ちょっと変わってる所があっても大丈夫なんだと安心できました^^」などなど。

 

だけど学生の頃は、「国語」の成績があんまり良くなかったんですよね。笑

机の引き出しを整理していたら、高校の時のテストの成績が出てきました。その点数がこちら。

  • 数学→86
  • 国語→76
  • 英語→89
  • 社会→90
  • 理科→97

国語だけ70点台。笑 ひどい時は60点台もありましたねー。40点台とか。

隣の席の子は高得点を取ってて、内心「どうしよー」と焦ったりしたこともありました。

 

当時は本当に国語の「文章問題」が苦手で、「作者の意図を考えなさい」とか「これはどういう意味か?」みたいな内容が特に分からなかったんです。

 

自分なりに考えて回答をしたんですけど、ちょっとでもテストの答えからズレてたらペケ。僅かな誤差でも×をつけられるんです。

ナノ
何それ!
作者の意図なんか、
本人じゃない限り
正解なんて分からんやろ……!笑

と、学生の頃は毎度思っていたものですが。

 

自分で答えを考えて書いてもペケばっかりなので、私は次第にこう思うようになりました。

ナノ
もしかして私、
頭悪いのかも……
こんなに考えても
ペケばっかりなんて……

いや、それ違うからね。ビックリするくらい的外れだよ! なんという勘違い。

 

むしろ、自分で考えているから学校のテストで点数が取れないんだと思うよ。

って昔の私に言ってあげたい。笑

 

というのも、

日本の学校教育は「暗記」

だから。

だって、テストって”暗記した答えを書く”だけでしょ?

数学も国語も、英語も社会も、「授業で教わった答え」を覚えてテストに臨みますよね。

 

そこに、あなたの考えた答えは求められてないんです。

だから学校のテストの点数って、「どれだけ記憶力が良いか?」を知る為の指標でしかないんですよ。

 

で、授業でも自分で考えることをさせない割には、社会に出たら「自分で考えない人が多い!」と怒ってる方がいらっしゃいます。

正直、「はい????^^」って感じですよね。

 

権力のある大人がそういう「考えさせない」仕組みを作って、良い従業員を育てるための教育をしてるんだったら。思考力がどんどん無くなっていくのは自然な流れかと。

(会社勤めされてる方で、自分で考えない方が多いのはこれも一因)

 

学校の成績とあなたの能力は関係ない

だから私は、学校の成績やテストの点が良くないからといってその人がバカだとは思いません。

むしろ、自分から考えて「これって本当にそうなの?」「正しいの?」と思える人のほうがよっぽど賢い人だと思います。

 

それに学校のテストの点だけで、人としての能力を決められてしまうのって何だか変じゃないですか?

だって、記憶力の良し悪しだけで判断されてしまうんですよ。バカバカしくないですか。笑

そんな「学校」という枠で括らなかったら、あなたにも得意なことや好きなことがある筈です。

たとえそれが、学校の成績に直接関係なくても。

 

だからこれから先の将来、あなたの興味とか好きなことを社会に活かしていくほうが生きやすいですよ。

他人が良いと言うからそれに従うんじゃなくって、自分の意志で「そうする」と決めて生きていってくださいね。

学校の成績は、1つの判断基準でしかないんですから。

ナノ
それでは最後まで見てくださって、ありがとうございました^^

=============
【メール講座の登録者限定】で、
初心者でも月収15万~20万以上の
ブログ資産を増やし続ける
「動画付きレッスン」をプレゼント中です♪

在宅やカフェなど、
好きな場所で自由に仕事が
できるようになります。
あなたも興味があれば
まずは気軽に覗いていってくださいね。

→20歳で会社を辞めて、好きなことで稼いでるナノの無料メール講座を見てみる



未分類
この内容をシェアする♪
20歳で会社を辞めて起業した女子の人生ノート

▼コメント