作業効率化ツール

iPhoneのChromeブックマークをホーム画面に追加【ショートカット作成を1分で!】

Chromeのショートカット作成

Chromeでブックマークしたサイトをホーム画面に追加したいのに、「Safari」じゃないとショートカットが作れない……!

そう思っていたのですが、iPhoneの「ショートカットアプリ」を使えば、簡単にホーム画面に開きたいサイトURLを追加できました。

1回操作方法を覚えれば、
ホーム画面からワンタップで見たいサイトを閲覧できるようになりますよ!^^

ショートカットアプリを用意する

もしも今使っているiPhoneに「ショートカットアプリなんて無いよ……!?」となったら、まずはApple Storeでインストールしておきましょう。

▼こちらのアプリです。

ショートカットアプリ

ショートカットアプリは「iOS12」以降のOSでのみ対応しています。

iOSのアップデートがまだの場合は、先に済ませておいてくださいね。

1分で完了。ショートカットアプリで、開きたいサイトをホーム画面に追加する

ショートカットアプリを開いたら、「ショートカットを作成」を押します。

 

「アクションを追加」を押してください。

 

「Web」をタップ。

 

下のほうまでスクロールしていくと「URL」があるので、このボタンをタップ。

 

新規ショートカット作成画面が表示されるので、次の手順で進めていきましょう。

  1. Google Chromeで開きたいURLを記入
  2. +マークを押す

 

「×マーク」を押して選択画面を閉じます。

 

次の画面で「App」をタップしてください。

 

「Chrome」を選択します。

 

「ChromeでURLを開く」をタップします。

 

右上の「…マーク」をタップ。

 

詳細画面では、アイコンとショートカットの名前の変更ができます。

分かりやすいように、自分の好きなように設定しておいてくださいね。

 

カラーの変更画面はこんな感じ。

 

グリフからはアイコン画像を選べます。

サイトの内容に合ったマークにしておくと、画面をパッと見た時にラクですよ。

 

「ホーム画面に追加」をタップして手順は完了です!

 

iPhoneのホーム画面にショートカットが追加できました^^

この方法なら「Google Chrome」でも、
見たいサイトURLを一発で開けます!

アイコンをタップすると一度は「ショートカットアプリ」が開きますが、その後自動的に「Chrome」の画面に切り替わります。

私はホーム画面にショートカットを追加したお蔭で、iPhoneでサイトを見る時のストレスがめっちゃ減りました……!

いちいちChromeのブックマークや閲覧履歴からサイトを開かなくていいんです。ワンタップの威力はすごい。

よく閲覧するページなら、ホーム画面にショートカットを追加しておくと便利だと思います。

ぜひ「ショートカットアプリ」を活用して、Chromeのブックマークをホーム画面に追加してみてくださいね!