GoogleChromeで特定サイトをアクセス禁止・ブロックする設定方法

やることがあるのに、ツイッターやyoutubeを観ていたら
「もうこんなに時間が経ってしまった……\(^o^)/」

そんなお困りのアナタに、特定のサイトへのアクセスを禁止・制限する方法をご紹介。

GoogleChromeでの設定なので、1分で終わりますよ!

サクッと設定して、やることに集中できる環境を作っておきましょう。

GoogleChromeの拡張機能「SiteBlock」を使うべし

私もツイッターで情報収集したり、休憩中にボーッと眺めてたりしていたのですが、”時間を無駄にしている感じ”が、ものっっすごいありました。

スマホでもPCでも見れる分、暇つぶしの時間が増えてしまい……。

「仕事せんかい!!」と自分の頬をビンタしたくなる始末。

仕事はしますけど、気持ち的にそんな感じでした。

ならばいっその事、「見れなくしちゃえばいいじゃん!」と気づきました。

ということで探した方法がコレ。

GoogleChromeの拡張機能「SiteBlock」を使う方法。拡張機能は何種類かあったのですが、一番シンプルで使い勝手が良いです。もっと早く入れておけば良かったくらい。

それではアナタもさっそく設定していきましょー!

1分で終わる「SiteBlock」設定方法

まずはGoogleChromeの拡張機能を追加します。

「SiteBlock」と検索したら出ますよ。

sb-01

「Chromeに追加」のボタンを押してください。

sb-02

「追加済み」にボタンが変わったらOKです!

sb-03

次は、「SiteBlock」の設定をしていきます。

Chromeの右上に「SiteBlock」のボタンがある場合には、ここを押してから「オプション」を選択。

sb-04

「SiteBlock」の設定画面が開くので、アクセス禁止・ブロックしたいサイトのURLを入れましょう。

私の場合はツイッターのURLを入れました。

sb-05

URLを複数入れたい場合には、改行してURLを入れてくださいね。

最後に、「SaveOption」を押したら設定は完了です!

確認してみると、こんな画面とメッセージが。

sb-06

これでアクセス制限ができました!!

ツイッター以外にも、youtubeのURLや暇つぶし系のサイトURLを入れておくと作業が捗りそうですね。

SiteBlock以外のアクセス制限用の拡張機能

「SiteBlock」の他にもオススメされていた拡張機能を紹介します。

この2つが使いやすそうでした。

「StayFocusd」は細かく設定ができるので、アクセス制限の時間帯を決めたい場合には使っても良さそうですね。

ナノ
私はシンプルなのが好きなので、「SiteBlock」の機能だけで充分です^^

効率アップのツール設定で時間を割きたくないですし。笑

ナノめも

GoogleChromeで特定サイトのURLをアクセス制限・禁止にするには、拡張機能の「SiteBlock」が最適!

設定も1分で終わりますし、PCで作業を進めたい人は最初にやっておくと良いですよ^^

ナノ
最後まで見てくださって、ありがとうございました♪
メール講座

=============
【メール講座の登録者限定】で、
初心者でも月収15万~20万以上の
ブログ資産を増やし続ける
「動画付きレッスン」をプレゼント中です♪

在宅やカフェなど、
好きな場所で自由に仕事が
できるようになります。
あなたも興味があれば
まずは気軽に覗いていってくださいね。

→20歳で会社を辞めて、好きなことで稼いでるナノの無料メール講座を見てみる
ナノうさメール




この記事が少しでも参考になったら、シェアしていただければ嬉しいです♪

ナノをフォローする

トップへ戻る