外注さんに0円で記事を書いてもらう裏技

どうも、ナノです。

個人でビジネスをする際には、なかなか会社の仕事などで時間が取れないですよね。しかもブログを始めたばかりの時期などは学ぶことだらけで自分の作業が追いつかない!なんてことも。

もちろん、作業に慣れた人も「そろそろ人に任せたいなー」と考えているかもしれませんね。

そこで今回は「外注さんに0円で記事を書いてもらう裏技」と称して、外注さんとやりとりする際のちょっとしたコツをお伝えしていきます。

外注さんに仕事をしてもらうには信頼関係が何よりも重要

動画のまとめ

外注さんと言っても、相手は同じ”人”ですからね。ロボットじゃないんですよ。淡々と仕事をしてくれる人もいるかもしれませんが、相手にも「感情」があります。人対人を意識して、まずは「信頼関係」を築くことが仕事をしてもらう為の第一歩です。

1.厚い信頼関係を作ることを意識する

漫画やゲームでも、主人公には「仲間」が付きものですよね。ワンピースならルフィには仲間がたくさんいるし、ドラゴンボールの悟空にも協力してくれる仲間がいます。そう、ですからあなたと外注さんは、「友達」「パートナー」「仲間」みたいな関係になってしまえばいいということです。人生を冒険に例えるなら、仲間がいなきゃ冒険には出れないぜ……!って感じですね。笑

ジョジョの悪役DIOにも、「DIO様のためなら命すら捨ててもいい!」という仲間(味方)がいます。それと同じように、あなたは外注さんと信頼関係を作り、「あなたの為に仕事がしたいんです!!」という状態にもっていけばいいのです。こうなればお互いwin-winの関係の出来上がりです。超仕事がしてもらいやすいですね。

じゃあ、どうすればその「信頼関係」を作れるのか?

2.相手の自己重要感を満たしまくる

心理学を勉強したことがある人なら、聞いたことがあるかもしれませんね。

自己重要感というのは、「自分は価値のある人間なんだ」「自分は大切にされる存在なんだ」と感じる気持ちのことです。これがないと人って物凄く死にたくなるんです。ある意味恐ろしいですね。笑

ですがそれほど大事なポイントなので、覚えておくとこれからの人間関係に役立ちますよ。

で、そしたら相手の自己重要感を満たすにはどうしたらいいか? ということになりますよね。

これには色々方法はあるのですが、手っ取り早いのが、相手に「感謝を伝える」ということです。あなたも、人から「ありがとう」って感謝されるとすっごく嬉しくなりませんか? いや、そんな大したことしてないけど、相手が喜んでるし自分も何だか気分が良いぞ~! みたいに。

外注さんとのやり取りでできる具体的な事でいえば、

仕事に対してフィードバック(感謝)を伝える

この時、「私はあなたのお蔭でとても助かりました」という風に伝えると良いですね。ただ単に「あなたの文章の書き方超イイですね!」って言うのもいいんですが、これだと”褒める”行為になっちゃって、上下関係ができてしまうんですよね。

犬って、芸ができた時って褒めるじゃないですか。大人が子供を褒めることもありますよね。それって、「自分は相手より立場が上だ」って認識があるから褒めるという行為になってるんです。で、褒めるとどうなるか? 相手はあなたに褒めてもらいたいが為に仕事する→褒めてもらえないと私はダメなんだわ~……と落ち込む。そうすると相手の「自己重要感」が下がってしまうんですね。

ですから私は褒めるよりも”認める”ことを推奨しています。認めるっていうのは、相手の良い所やできている所を見つけて、「あなたのお蔭で私はこんなにプラスになりました」って伝えてあげるだけです。私もまだまだ、褒めると認めるが混ざってしまうことがありますが。笑

ですが、認めるっていうのは同じ対等な関係を築きやすいので、あなたも外注さんに何か伝える時には、認めるというスタンスで接すると良いかもしれませんね。

仕事に関係ない話もどんどんする

外注さんと信頼関係を築く上で使えるのが、仕事に全然関係ない話もしちゃうってことです!

仕事だから、とつい事務的なやり取りだけになってしまいがち。これだと機械的で、お互い全く人間味が感じられませんよね。冒頭でも言いましたが、相手も同じ人です。感情があるので、相手の気持ちを汲み取って接しないと心を開いてはくれません。

ですので、外注さんの興味のありそうな話題をふると、一気にあなたとの距離が縮まります。例えば、あなたが文学に全然興味がないのに、「この間の〇〇って作品、すごい面白かったんですよーー!!」って興奮気味に話されたらどうですか? 「えっ、そうなんだ~……」ってなりますよね。フーンで会話終了かもしれません。

そうすると会話が成り立たないだけでなく、「この人全然分かってくれない」と思ってしまいます。

反対に、あなたのことをなんでもよく知っていて、好きな話題も振ってくれて、「この人と話しているとなんだか楽しいな」と思わせてくれるような相手だと「自分のことを良く分かってくれる!」と感じますよね。

ですので、外注さんとの会話では「相手の興味がある内容」について話すとオススメです。

「だけどそんなの、最初から分かんねーよ!!」

こういう時は、外注さんが応募してきた「理由」や「作業内容」から予測してみるといいですね。ダイエットの記事を書いてもらう仕事に応募してきた人は当然、健康や美容に興味があるはずです。なので、「最近は美容関係で何か興味があることは何ですか?」って質問すると、話のキッカケにもなります。仕事を糸口にして、相手が興味のあることを探っていくと良いでしょう。

まとめ

・仕事をタダでしてもらえる状態にするには、信頼関係作りが大切

・相手の自己重要感を満たす接し方をする

  1. 相手の行動にフィードバック(感謝)を伝える
  2. 仕事に関係なくても、相手の興味のあることを話す

外注の際は、あなたもぜひ今回の内容を試してみてくださいね。

というわけで、「外注さんに0円で記事を書いてもらう裏技」についてのお話でした。

メール講座

=============
【メール講座の登録者限定】で、
初心者でも月収15万~20万以上の
ブログ資産を増やし続ける
「動画付きレッスン」をプレゼント中です♪

在宅やカフェなど、
好きな場所で自由に仕事が
できるようになります。
あなたも興味があれば
まずは気軽に覗いていってくださいね。

→20歳で会社を辞めて、好きなことで稼いでるナノの無料メール講座を見てみる
ナノうさメール




この記事が少しでも参考になったら、シェアしていただければ嬉しいです♪

ナノをフォローする

トップへ戻る