アドセンス広告の基本的な貼り方と簡単に表示させる方法

ナノ
こんにちは、ナノです

記事を見てくださって、ありがとうございます!

あなたはアドセンス広告の貼り方で困っていませんか?

どこを弄ればサイトに貼れるのやら……

ということで今回は、

  • 基本的なアドセンス広告コードの貼り方
  • アドセンス広告を簡単に表示させる方法

について解説していきます^^ 慣れたら、自分のサイトでもすぐに設定できるようになりますよ!

アドセンス広告コードの貼り方

まずはアドセンスの管理画面を開きます。

「メニュー>広告の設定>広告ユニット」を選択。

「新しい広告ユニット」を押します。

01

作成する広告の種類を選ぶ画面が出ます。ここから、まずは「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択しましょう。(今は例として選んでいます)

02-02

広告ユニットを作成する画面が開きます。

03

  • 名前→あなたの分かりやすい名前
  • 広告サイズ→表示させたい広告サイズ
  • 広告タイプ→テキスト広告とディスプレイ広告

と設定をしましょう。名前をつけるオススメの方法は、「サイト名+広告の配置場所」です。

名前の例:○○LABO-記事上

(*クリックされやすい広告の種類や配置は、サイトの内容によっても変わります)

アドセンス広告のクリック率と収益を最大化する個別記事で効果的な位置についてはコチラの内容を参考にしてください^^

ここでは例として「レクタングル大(336×280)」を選びました。設定したら「保存してコードを取得」を押します。

04

ナノ
これで新しい広告ユニットが作成できました!

コードタイプは「非同期」のままでOKです。広告コードをコピーして、あなたのサイトに貼り付けをしましょう。

05

WordPressの記事では、「テキストモード」からアドセンス広告コードが貼れます。

これで、記事の投稿画面で広告が表示されます。

06

基本的な設置方法を解説しました。けど、毎回こんなやり方をしていたら大変ですよね!!

ナノ
実は、もっと簡単に広告を表示させる方法があるんです……!!

アドセンス広告を簡単に表示させる方法

今回は、

  • 記事上
  • 記事中
  • 記事下

に広告を表示させる方法を紹介します。それぞれの場所に、

  • プラグイン
  • 個別投稿(Single.php)

を使って広告を表示させていきます!

ネコ
難しそう……

と思っても大丈夫です。このやり方を真似するだけで、簡単に設定が終わります^^

記事上(導入文、moreタグの次)

に表示させたい時には、「Master Post advert」というプラグインを使います。

3つの設定をするだけで、「moreタグ(<!–more–>)」の次に勝手に広告が出るようになります。

ナノ
設定は簡単!

「ダッシュボード>設定>Master Post advert」を選択。設定画面が出ます。

12

  • Advert area alignment(表示位置)→左、中央、右から好きなものを選択
  • Advert area title→スポンサードリンクと記入
  • Advert code→あなたのアドセンス広告コードを記入

「変更を保存」を押せばOKです!!

これで、記事に「moreタグ(<!–more–>)」を入れたら勝手に広告表示されるようになっています^^

記事中

に表示させたい時には、「AdSense Manager」というプラグインを使いましょう。

プラグインを入れてない時には、インストール方法を確認しておいてくださいね!

まずは、「ダッシュボード>設定>AdSense Manager」を選択します。

「AdSense Manager」の設定画面が出るので、「Manage>>Ad Units」を押してください。

07

次に「Add New Ad」を押します。

08

「Add your ad!」と画面が出たら、ここにあなたのアドセンス広告コードを入力します。入れたら、「Import」を押してください。

09

広告コードの設定画面に飛ぶので、順番に設定していきましょう。

10

  • Ad Unit Name→あなたの好きな文字列
  • Display Options→全てYESにする

Html Codeの部分は、あなたの広告コードが入力された状態です。

<center>スポンサードリンク
あなたの広告コード</center>

と「中央寄せに表示するタグ」「スポンサードリンクの表記」を追加しておきましょう。

ナノ
「Save changes>>」を押せば設定は完了です!

タグを使いたい時は、記事作成画面このタグを使います。↓

[ ad# あなたの作成した名前 ]

*コピーして使うときは、半角スペースを消してください

例えば、名前を「ad-1」に設定したら、タグは[ ad # ad-1 ]となります。このタグは辞書ツールで単語登録しておくと便利ですよ^^

11

記事本文の途中にアドセンス広告を表示させたい時は、このやり方がオススメです。

記事下

に表示させるには、「個別投稿(Single.php)」から設定をしていきましょう。

まずは「外観>テーマの編集>個別投稿(Single.php)」と押します。

個別投稿の表示画面を設定できるページが開きます。記事ページ内で広告を表示させたい場所にコードを設置します。

15

テーマによっても設置する場所は違うので、広告の表示位置を確認しながら調整していきましょう。

ナノ
ここでは、Xeoryという無料テーマで設定する方法を解説します^^

「外観>テーマの編集>個別投稿(Single.php)」と押します。

次に、この表記のある場所を探します。

<?php the_content(); ?>
</section>

実際に広告コードを設置する場所はココです。

<?php the_content(); ?>
あなたの広告コード
</section>

16

ナノ
設置が終わったら「ファイルを更新」を押せば完了です!

WordPressのテーマによっては、ウィジェットを使って広告を表示できることもあります。あなたが使いやすいように設定を済ませておきましょう^^

ちなみに……

レスポンシブ広告の設定

をする時に、1つだけ変更を加える部分があります。

広告コードの以下の部分を変更しておきましょう。

【変更前】
data-ad-format=“auto”></ins>

13

【変更後】
data-ad-format=“rectangle”></ins>

14

ナノ
レスポンシブ広告を使う時は、この設定をしておいてくださいね^^

ナノめも

アドセンス表示を簡単にするには、

  • プラグイン
  • 個別投稿(Single.php)

で設定をしておきましょう。

毎回、アドセンス広告コードをコピーして貼り付ける手間が省けます。時短して、話題のリサーチや記事作成に時間をあてていきましょう!

今回の内容は以上になります。

ナノ
最後まで見てくださって、ありがとうございました!
メール講座

=============
【メール講座の登録者限定】で、
初心者でも月収15万~20万以上の
ブログ資産を増やし続ける
「動画付きレッスン」をプレゼント中です♪

在宅やカフェなど、
好きな場所で自由に仕事が
できるようになります。
あなたも興味があれば
まずは気軽に覗いていってくださいね。

→20歳で会社を辞めて、好きなことで稼いでるナノの無料メール講座を見てみる
ナノうさメール




この記事が少しでも参考になったら、シェアしていただければ嬉しいです♪

ナノをフォローする

トップへ戻る