ブログカテゴリの決め方とサイトテーマに合った分類方法

ナノ
こんにちは、ナノです

記事を見てくださって、ありがとうございます!

あなたは、カテゴリの分け方で迷っていませんか?

ブログを作る時には「カテゴリの設定」が必要です。けど、

  • 具体的にどう分ければいいのか
  • どんなカテゴリを作ればいいのか

ブログ運営が初めてだと悩んじゃいますよね。

そこで今回は

  • 基本的なカテゴリの作り方
  • テーマに合ったカテゴリの分け方

について紹介していきます^^

あなたもこの内容を参考に、自分のブログに合ったカテゴリ分けをしてくださいね!

カテゴリは「どんなブログなのか?」を伝える為にある

そもそも……カテゴリっていうのは、記事を分類する為に作ります。「訪問者」や「検索エンジンを巡回しているロボット」に

ナノ
このブログはこんな情報を扱っていますよー!!

って伝える目的があるんです。カテゴリがあると、どんな情報があるのか分かってブログ内を巡回しやすくなります^^

ですが!

もしも他のカテゴリを作らないまま、全部「未分類」のカテゴリに記事を入れてしまったら……。

ブログに来た
どこに何の情報があるブログなん??
訳わからんぞ……!

なんて、訪問者や検索エンジンのロボットが混乱してしまうことも。あなたも、分かりにくいブログはあまり読みたくないな~って思いますよね?

ということで、カテゴリを作って「分かりやすいブログ」にしていきましょう^^

ブログに合ったカテゴリの作り方

カテゴリを作るには、ブログのテーマに合った内容を選びましょう。

カテゴリ決めの基準は

  1. 細かすぎない
  2. ダブってない
  3. 漏れがない

の3つです。

具体例を紹介しますね。

例1.ニュースサイト

色んな情報をまとめて扱うブログを作ったとします。

この場合なら、

  • 芸能
  • 音楽
  • テレビ
  • 時事ネタ
  • イベント
  • スポーツ

……など、広い範囲のカテゴリをまず作ります。そして、項目が被らないように選びます。テレビの話題ならテレビに。イベントの話題を書くならイベント……という具合に分けましょう。

例2.美容系ブログ

例えば女性向けの美容ブログを作ったとします。

この場合は、

  • ダイエット
  • メイク
  • スキンケア
  • 食事

……など、広い範囲のカテゴリを作ります。ニュースサイトの時と同じですね。美容系ブログなので、綺麗になる為の情報をカテゴリに分けていきましょう。

もしも自分で考えて思いつかなければ、すでにある人気のブログやサイトを参考にしましょう!

別に記事の本文を丸パクリするわけじゃないので、ご安心を。

ナノ
分からなかったら、他人のカテゴリ(ブログ構成の仕方)をパクっちゃいましょう

カテゴリを分けるたった一つのコツ

そして、カテゴリを分ける時にはコツがあります。

  1. まずは大きいカテゴリを作る
  2. 次に細かいカテゴリに分けていく

という流れです。

さっきの話だと、ニュースサイトのカテゴリ分けを紹介しました。例えば芸能系のカテゴリを作る時。

【芸能】

  • 女優
  • 俳優
  • 芸人
  • 無名の人

といった具合に作ります。

大きいカテゴリの中に、小さいカテゴリがあるってことですね。

逆に最初から女優、俳優など細かい部分のカテゴリを増やしてしまうと、ブログ全体がゴチャゴチャした印象になってしまいます。

なので、カテゴリ分けのコツは

ナノ
大きいカテゴリ(範囲の広いもの)から作る!!

ってことです。

ナノ
細かいカテゴリは、必要に応じて後から追加しても大丈夫ですよ^^

ナノめも

今回のまとめです。

カテゴリの作り方の基準は3つ。

  1. 細かすぎない
  2. ダブってない
  3. 漏れがない

ことです。

そしてカテゴリ分けのコツは、「大きいカテゴリから作ること」。

あなたも今回の内容を参考に、自分のブログに合った内容を決めてくださいね^^

今回の内容は以上になります。

ナノ
最後まで見てくださって、ありがとうございました!
メール講座

=============
【メール講座の登録者限定】で、
初心者でも月収15万~20万以上の
ブログ資産を増やし続ける
「動画付きレッスン」をプレゼント中です♪

在宅やカフェなど、
好きな場所で自由に仕事が
できるようになります。
あなたも興味があれば
まずは気軽に覗いていってくださいね。

→20歳で会社を辞めて、好きなことで稼いでるナノの無料メール講座を見てみる
ナノうさメール




この記事が少しでも参考になったら、シェアしていただければ嬉しいです♪

ナノをフォローする

トップへ戻る